免許取れました

今日は Redwood City の DMV で実技試験を受けてきました。10:30の予約で10:15に受付、1時間待って11:20からやっと試験。さらっとスケジュール表を(盗み)見た感じ、10:30(からの30分)の予約枠には6人いたようですが、試験官が2人で試験に30分かかります。何かがおかしい。さらに、試験官2人は車体検査の担当を兼務しているみたいで、かつそっちの方がが優先のようです。私は同じ予約枠の中では2番目ぐらいでこの有り様なので、同じ枠の最後の人は12:30ぐらいからテストだったんじゃないでしょうか。

さて肝心の試験ですが、試験官は母親が日本人で本人も日本に20年住んでたとかで日本語ペラペラ。試験の説明書も英語/日本語の2か国語バージョンでした。ペーパーテストが日本語で受けられるのは知ってましたが、実技試験も頼めば日本語でできるのかもしれません。

もとい、私は特にリクエストしたわけじゃないのですが、名前がどっからどうみても日本人ということで「英語と日本語のどっちがいい?」と聞かれました。実技試験という他に頭を使う余裕があまりない状況ですので、「日本語でお願いします」と即答しました。

この日本語を話せる試験官のおかげで大変助かりました。正直、英語で試験してたら落ちてたかもしれません。他の州は知りませんがカリフォルニでは15点減点まではOKなのですが、なんとか10点減点で収まり無事合格です。

なお、その10点減点のうち7点は停止時の前の車との車間の短さと一旦停止時の停止線までの距離の短さでした。言い訳をすると、急遽前日に車が変わったのでブレーキが(前の車と比べて)効きにくかったんです。それは分かってたことなのでもうちょっと気をつけるべきだったのですが、予想外に減点されてました。残りは車線変更での後方確認不備(もっとちゃんと首振って確認しろ)が2回と、後退時の後方確認不備でした。

ちなみに縦列駐車はなかったです。戦々恐々としてたのに拍子抜けです。英語で試験、かつ縦列駐車のチェックがあったら試験に落ちてたと思います。

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

シェル操作課題への回答

連想配列 - Bash Advent Calendar - Day 5

今、永福町のピザ戦争が熱い!