追悼

先日友人が亡くなりました。 私とほぼ同い年でした。

彼女には、まだ彼女の死を理解できないであろう年頃のお子さんが二人いました。そのような子供を遺したまま天に召されるというのは、きっと無念なことでしょう。

正直なところ、どれほど無念であるかは子供のいない私には想像もつきません。ましてや自分のお腹を痛めて生んだ子供を遺していくなんて(技術がどんなに進歩しようと、この点で男性はかなわないでしょう)。

彼女を悼む気持ちは色々とあるのですが、悲しいかな私の少ない人生経験と語彙では何と言っていいのやらよくわかりません。今はとにかく彼女のご冥福と、遺された家族の皆様の今後の幸せを願うばかりです。
コメントを投稿

このブログの人気の投稿

シェル操作課題への回答

連想配列 - Bash Advent Calendar - Day 5

今、永福町のピザ戦争が熱い!